トップイメージ

盗聴・盗撮の卑劣な犯罪からあなたを守ります

現在、日本では盗聴・盗撮行為そのものを直接取り締まる法律はありません。
その機材を仕掛ける時やその機材で入手した情報を第三者に漏らしたり、売買したりすることで法に触れることになり、住居不法侵入罪や電波法違反、個人情報の漏洩などの軽犯罪法に抵触します。

日常に潜む危機 盗聴・盗撮の実態

サンプル画像

直接取り締まる法律のない世の中で、実際行われている盗聴・盗撮の実態を知った上での盗聴・盗撮への対策を講じることが一番の方法です。
まずは、日常に潜む盗聴・盗撮の実態をご確認ください。

困ったらプロに相談!

調査の窓口

どうも盗聴されている気がする。出来れば専門の調査会社に依頼したいとお考えのかた必見!当社は、予め調査の流れや料金等を提示しておりますので、安心してご利用いただけます。


ページトップへ
Copyright (C) 有限会社ビッグステップ All Rights Reserved.